対談

「松本俊夫の時代」


会 期:平成30年6月17日(日)14:00〜14:50
出演者:筒井 武文(映画監督・東京藝術大学教授) 
    伊藤 高志(映像作家・九州産業大学教授)




筒井 武文
1957年三重県生まれ。東京造形大学在学中に習作「6と9」(1981)を手がける。助監督、フィルム編集者を経て自主制作映画「ゆめこの大冒険」(1986)を完成させ劇場公開する。その後「おかえり」(1996篠崎誠監督)では製作と編集、「どこまでもいこう」(1999塩田明彦監督)では編集を担当。監督作品に「オーバードライヴ」(2004)「自由なファンシィ」(2015)などがある。現在、東京藝術大学教授。 





伊藤 高志
1956年福岡市生まれ。九州芸術工科大学在学中に発表した「SPACY」(1981)が国内外の映画祭で絶賛され、80年代ニューウェーブの旗手と言われる。1995年クレルモンフェラン映画祭では「映画100年の100本」に選出される。一貫して超現実的な視覚世界や人間に内在する狂気・不条理を追求している。その他の主な作品は「THUNDER」(1982)「GRIM」(1985)「ZONE」(1996)「静かな一日・完全版」(2002、2010)など。現在、九州産業大学教授。

※対談は有料で15時からの「映像の発見ー松本俊夫の時代 第Ⅳ部 実験映画編」とセット料金です。
※開場は開演の20分前。