マドロスの唄 
3月2日(金)11:00  3月3日(土)14:00
1950年
16ミリ
モノクロ
71分
日本映画科学研究所
監督:野口博志
出演:岡晴夫、鈴木美智子 

 南国情緒漂う離島が舞台。岡晴夫扮する船員はクールな正義感。純朴な島の娘から兄のように慕われている。周囲から勧められる結婚話に、二人はまんざらでもない様子。そんな折、謎の女が東京から島へ逃れてくる。悪党どもに追われているのだ。船員は、女を救うべく悪党どもと対決する。岡晴夫主演の歌謡映画のうち、現在ではほとんど観ることができない貴重な作品。



女中ッ子
3月1日(木)14:00 3月4日(日)14:00
1955年
16ミリ
モノクロ
142分
日活
監督:田坂具隆
出演:左幸子、伊庭輝夫 

 東北の村から上京してきた織本初(左幸子)は、加治木家に女中として住み込むことになる。その家には長男の雪夫と次男の勝美がいたが、優等生の雪夫に比べて勝美は少しひねくれており、家族の問題児だった。初を小馬鹿にしていた勝美だったが、明るく奔放な彼女を次第に慕うようになり、友達から「女中ッ子」と呼ばれるようになる。左幸子の明るい演技が光る感動作。

 

路傍の灯
3月2日(金)14:00 3月3日(土)16:30
製作年不詳
16ミリ
モノクロ
36分
東洋映画社
監督:山下為男
出演:樋口久俊、杉原茂、芽玲子  

 貧しくとも懸命に生きる家族。小学生の良一はハーモニカが欲しくてたまらない。ある日、おつかいに行ったタバコ屋で、つり銭を余分に受け取ってしまう。正直であることの美徳を説いた教育映画。佐賀県の七浦が舞台。



僕たちはギャングじゃない
3月2日(金)14:00 3月3日(土)16:30
1962年
16ミリ
モノクロ
48分
MOMプロダクション
監督:木村荘十二
出演:木村英世、川上夏代 

 会津若松が舞台。町の悪たれ小僧たちは、自家製ジュースをチビっ子たちに売りつけたり、親に内緒でロープウェーに乗って遭難騒ぎを起すなど、地域にとっては問題の種だった。元気が有り余ってる彼らを善導すべく、町は子供会を結成することになる。

 

ヒロシマの証人
3月3日(土)11:00  3月4日(日)11:00
1968年
35ミリ
モノクロ
100分
「ヒロシマの証人」製作上映実行委員会
監督:斎村和彦
出演:山本學、望月優子、高毬子 

 広島病院で雑役婦をしている道子(望月優子)は、自身が被爆者であることを周囲に隠したまま暮らしていた。同じ病院で准看護師として働く娘の泰子(高毬子)は、被爆者の苦しみを知りつつも、それを直視することなく自由奔放に振舞っていた。だが、ついに母が倒れ、泰子は真実を告げられる。彼女もまた胎内被爆をしていたのだ。現実に打ちのめされる泰子だったが、根本医師(山本學)に導かれて、被爆者のために立ち上がる。



このページの先頭へ