通常上映

台湾映画特集

60年代から現代までの台湾映画の特集.


浜辺の女たち  

OYSTER GIRL

監督:リー・シン リーチャ

出演:ワン・モーチョウ 

   ウー・チャチー   




4月20日【水】 14:00 
4月23日【土】 11:00
1963年
35ミリ
カラー
98分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 ランは牡蠣の養殖をしており、結婚を約束した恋人もいた。しかしラ
ンの父親は高額の結納金を要求し、
やむなく彼は金策のため遠洋漁業に
出るのだった。そこに別の男がランに言い寄ってくる。健康な男女が農
業・漁業を振興し台湾政府の政策を実現するという、60年代台湾映画
の大きなテーマだった「健康写実主義」の代表的作品。

あひるを飼う家  

BEAUTIFUL DUCKLING


監督:リー・シン 

出演:タン・パオユン 

   グ・シャンチン 
  




4月16日【土】 11:00 
4月21日【木】 14:00
1965年
35ミリ
カラー
111分
日本語字幕付き
台湾 

 リンは政府の委託を受けあひるの品種改良を行っていた。娘のシャ
オユエが仕事を手伝っていたが、実はシャオユエは実の娘ではなく、
幼い頃にリンに預けられたのだった。リンの実の兄はこの秘密を使い
いつもリンに金の無心をするのだった。「健康写実主義」の代表的作
品。主演女優のタン・パオユンの美しさが見逃せない。


冬冬の夏休み  

A SUMMER AT GRANDPA'S


監督:ホウ・シャオシェン 

出演:ワン・チークアン 

   リー・シュジェン





4月15日【金】 11:00 
4月24日【日】 11:00
1984年
35ミリ
カラー

98分
日本語字幕付き
台湾 

 夏休み。トントン(冬冬)は妹のティンティンと一緒に母の実家にや
ってくる。トントンは近所の子たちとすぐに仲良くなる。田舎の町だ
が強盗事件が起きたりしてトントンは大人の社会を垣間見る。撮影に
使われた家は原作者朱天文の祖父の家。子供たちの夏休みの姿を生き
生きと描いたホウ・シャオシェン監督初期の傑作。

童年往事 

THE TIME TO LIVE AND
THE TIME TO DIE


監督:ホウ・シャオシェン 

出演:ユウ・アンシュン

   シン・シューフェン




4月15日【金】 14:00 
4月24日【日】 14:00
1985年
35ミリ
カラー
137分
日本語字幕付き
台湾 

 少年アハは、1947年家族と共に中国から台湾にやってきた。一
家は高雄に落ち着くが、台湾の言葉が話せずなかなか馴染めない。そ
んな中アハは学校での付き合いの中で自然に社会に溶け込んでいく。
ホウ・シャオシェン監督の自伝的色彩の濃い作品で、ベルリン映画祭
国際批評家賞など、監督の名前を一躍高めた作品。

墓あらし/笛吹きの恋

THE DIGGER / THE SUONA PLAYER


監督:ホー・ピン リー・ダウミン 

出演:ルー・シャオフェン 

   リン・シウリン 



4月9日【土】 11:00 
4月21日【木】 11:00
1988年
35ミリ 
カラー
75分
日本語字幕付き
台湾 

 「墓あらし」は墓荒らしをしながら生活する4人組の話。ある日
仕事を終わらせ帰ろうとすると、牛泥棒の男に逆に襲われてしまう。
「笛吹きの恋」は30歳近いチャルメラ吹きの話。好きな女性と結
婚するため彼は弟を代役に立てて縁談を進める。監督は二人とも新
人で、ホラータッチの「墓あらし」とのどかな文芸作「笛吹きの恋」
の2本組。


バナナ・パラダイス  

BANANA PARADISE


監督:ワン・トン 

出演:ニュー・ツェンズ 

   チャン・シー 




4月14日【木】 14:00 
4月23日【土】 14:00
1989年
35ミリ
カラー
148分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 1949年、門栓と得勝という二人の国民党兵士が台湾にやってくる。
しかし得勝は共産党員と疑われて拷問され発狂する。門栓は軍を逃げた
し月香という女性と偽装結婚して難を逃れる。門栓はそのまま経歴を偽
り就職する。二人の兵士の運命は台湾の歴史そのもので、過酷な歴史を
生き抜いてきた人々への共感が本作の主題である。ワン・トン監督の傑
作。

推手 

PUSHING HANDS


監督:リー・アン 

出演ロン・ション 

   ライ・ウォン




4月8日【金】 11:00 
4月17日【日】 14:00
1991年
35ミリ
カラー
107分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 年老いた太極拳の名手チューは、アメリカに住む息子の元にやってく
る。息子はアメリカ人女性と結婚しており、チューとは言葉が通じない。
次第に家族に亀裂が生じてくる。ハリウッドで有名になったリー・アン
監督のデビュー作。台湾金馬奨で3部門受賞した話題作。

ウェディング・バンケット 

THE WEDDING BANQUET

監督:リー・アン

出演:ウィンストン・チャオ 

   メイ・チン 




4月8日【金】 14:00 
4月17日【日】 11:00
1993年
35ミリ
カラー
108分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 ワイタンはアメリカでビジネスに成功し恋人の男性・サイモンと暮ら
していた。しかし台湾の両親はワイタンの結婚を望んでいた。両親を安
心させたいワイタンは偽装結婚を思い立つ。軽快で小気味よいストーリ
ーで宴会騒動が描かれ、楽しいコメディ映画となっている。ベルリン映
画祭グランプリを獲得し、リー・アン監督は一躍有名となる。


上海假期 

MY AMERICAN GRANDSON

監督:アン・ホイ

出演:ホアン・クンシュエン 

   ウー・マー




4月10日【日】 11:00 
4月22日【金】 14:00
1991年
35ミリ
カラー
95分
日本語・英語字幕付き
台湾=香港 

 退職したクーさんの元に、アメリカで暮らす息子夫婦の子供がやって
くる。両親が旅行する間子供を預かることにしたのだが、孫のミンは英
語しか話せず、中国の生活習慣にもまったく馴染まない。上海を舞台に
した作品で、監督は香港の巨匠アン・ホイ。女性監督らしい優しさに溢
れた作品で見る者の心をいやす秀作である。

無言の丘 

HILL OF NO RETURN

監督:ワン・トン

出演:パン・チアチア 

   ホワン・ピンユアン 




4月7日【木】 14:00 
4月16日【土】 14:00
1992年
35ミリ
カラー
175分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 1920年代、日本統治下の台湾。ア・チューとア・ウェイの兄弟
は台湾北部の日本人経営の金山で働きにくる。しかし鉱山での労働は
想像以上に過酷なものだった。金山を中心とした街に暮らす様々な人
々の生活が赤裸々に描かれる作品。戦前の台湾の人々の風俗や、日本
人と台湾人との関係などが描かれた貴重な作品。

熱帯魚 

TROPICAL FISH

監督:チェン・ユーシュン

出演:ウェイ・イン 

   リン・チェンシェン



4月6日【水】 14:00 
4月9日【土】 14:00
1995年
35ミリ
カラー
109分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 リョウ・ツーチャンは中学3年生。高校受験を控えていたが成績は良
くなかった。ある日ツーチャンは間違って誘拐されてしまう。ところが
誘拐犯のボスが事故で死亡、途方に暮れた手下のアチンは自分の田舎の
家にツーチャンを連れてくる。誘拐を描いた映画だが、緊迫感はまった
くない。とぼけた味わいのナンセンス・コメディというべき秀作。

夜に逃れて 

FLEEING BY NIGHT

監督:イン・チー シュー・リーコン

出演:ルネ・リウ 

   ホアン・レイ



4月10日【日】 14:00 
4月22日【金】 11:00
2000年
35ミリ
カラー
120分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 1930年代の天津。栄慶一座の看板俳優リン・チョンにインアーは
魅了される。インアーにはアメリカ帰りの婚約者シャオトンがいたが、
彼もまたリン・チョンに惹かれるのだった。京劇の源流ともいえる崑曲
「林沖夜奔」を元に全編に優美な崑曲の唄声が流れ、リン・チョンのた
どる数奇な運命を格調高く描いていく。

黒狗親分が来た 

COMES THE BLACK DOG

監督:イン・チー

出演:タイ・パオ 

   クー・ショウチン



4月2日【土】 14:00 
4月14日【木】 11:00
2004年
35ミリ
カラー
111分
日本語・英語字幕付き
台湾 

 ギャンブル好きのキェドはヤクザの黒狗親分に金を借りていた。黒狗
はキェドの父親に恩があったのだ。キェドは父親の葬式を出すと嘘をつ
いてまで借金を重ねる。ところが黒狗が葬式に出ると言い出したためキ
ェドは大慌てとなる。イン・チー監督の第3作。キェドをはじめとする
一家のドタバタが描かれる楽しい作品。

お父ちゃんの初七日 

SEVEN DAYS IN HEAVEN

監督:ワン・ユイリン エッセイ・リウ

出演:ワン・リーウエン 

   ウー・ポンフォン 



4月3日【日】 11:00 
4月7日【木】 11:00
2009年
35ミリ
カラー
91分
日本語・英語字幕付き
台湾  

 台湾中部の田舎町。カラオケ屋のリンが亡くなり,息子のダーチーと
娘のメイ、従弟の大学生シャオチュアンが遺族となり葬式が行われる。
しかし3人とも葬式のしきたりがまるで分らず、葬儀屋のいわれるまま
ドタバタと日々が過ぎていく。ここで描かれる葬式は台湾福建系漢族の
伝統的な葬儀で、台湾の習慣をコミカルに描き大ヒットとなった。日本
では「父の初七日」という題で劇場公開された。

遠い帰郷 

RETURN TICKET

監督:トン・ヨンシン

出演:チン・ハイルー 

   タン・チュン 



4月2日【土】 11:00 
4月13日【水】 14:00
2010年
35ミリ
カラー
88分
日本語・英語字幕付き
台湾=中国

 ツァオ・リーは同郷のシエ・チンを訪ねて上海にやってくる。リーは
狭いアパートに同居しながらカラオケ店で働き始める。そして仲間と正
月の帰省ラッシュを目当てに、ポンコツのバスを無断で使って帰省客を
乗せる仕事を始める。経済成長を続ける上海の影の部分を描いた作品。
ホウ・シャオシェン監督も製作に参加している。

天龍一座がゆく

FLYING DRAGON, DANCING PHOENIX

監督:ワン・ユィリン

出演:クオ・チュンメイ 

   チュー・ホンチャン   




4月1日【金】 14:00 
4月3日【日】 14:00
2012年
デジタル
カラー
109分
日本語・英語字幕付き
台湾

  天龍歌劇団は台湾オペラの一座。ある日花形役者のチュンムイがバイ
クと接触事故を起こし怪我をしてしまう。芝居のできなくなったチュン
ムイの代役を探すことになるが、接触事故を起こした男の顔がチュンム
イとそっくりだった。主役のチュンムイは実際の台湾オペラのスター。
大衆演劇として今も人気が高い台湾オペラの世界を描いた娯楽作品。

ページの先頭へ