御誂次郎吉格子
監督:伊藤大輔
出演:大河内傳次郎 伏見直江

 

1月23日【金】11:00

1月31日【土】11:00

1931年/16ミリ/モノクロ/60分

サイレント

日活

 鼠小僧次郎吉は追手を逃れて江戸から上方へ向かう。船で偶然出会ったお仙と良
い仲になる次郎吉だが、お仙の兄の仁吉は次郎吉を付け狙う十手持ちだった。吉川
英治の原作を伊藤監督が脚本化したサイレント映画の傑作。時代劇の巨匠として名
高い伊藤監督の無声映画時代の代表作の1本で、欠落した場面が多々あるが、現存
する貴重な資料となっている。

※古い作品のためお見苦しい点があります。ご了承ください。
 本作は音のない無声映画です。


祇園の姉妹
監督:溝口健二
出演:山田五十鈴 梅村蓉子

 

1月22日【木】14:00

1月24日【土】11:00

1936年/35ミリ/モノクロ

69分

第一映画

 梅吉とおもちゃは姉妹の芸者だった。昔気質で義理固い梅吉に対して、お
もちゃは女学校を出ており、男は金ずるとしか考えなかった。おもちゃは梅
吉に良い旦那を見つけようと呉服屋の番頭木村をたぶらかす。巨匠・溝口健
二が現代女性をリアリズムで描くことに挑戦した作品。祇園の路地など細か
な描写が素晴らしく戦前の溝口監督の最高傑作と評価されている作品。


歌ふ狸御殿
監督:木村恵吾
出演:高山廣子 宮城千賀子

 

1月21日【水】11:00

1月24日【土】14:00

1942年/35ミリ/モノクロ

84分

大映

 カチカチ山の親分泥ェ門の娘お黒は,父の死後継母と姉に苛められていた。
狸祭りの日、姉のおきぬは白木蓮の木の美しさに嫉妬し,斬り倒そうとする。
それをお黒が止めるのだが、白木蓮の精は感謝しお黒を魔法で姫に変身させ
る。本作は狸を主人公とした時代劇ミュージカルという変わり種映画。この
ような作品が戦時中に作られたことも驚きだが、そのセットの見事さは一見
の価値がある。


素浪人罷通る
監督:伊藤大輔
出演:阪東妻三郎 守田勘弥

 

1月8日【木】11:00

1月18日【日】11:00

1947年/16ミリ/モノクロ

81分

大映

 将軍吉宗の時代。「将軍の落胤」と称する若者が紀州から江戸に向かう。
若者は「徳川天一坊」と祭りあげられる。これを見た浪人山内は天一坊に
対し、江戸に行けば命がないと助言する。しかし天一坊は父に会いたい純
粋な心情を吐露するのだった。戦後すぐの時代で当時は剣劇などが規制さ
れており、本作も時代劇だが立ち回りはない。それでも主演の阪東妻三郎
が見事な存在感を発揮している。


偽れる盛装
監督:吉村公三郎
出演:京マチ子 藤田泰子

 

1月17日【土】11:00

1月22日【木】11:00

1月29日【木】11:00

1951年/35ミリ/モノクロ/103分

大映

 祇園の芸者である君蝶は男を手玉に取るドライなタイプ。君蝶の妹の妙子は市役所
に勤め,同僚の孝次と結婚の約束をしていた。ところが孝次の母親・千代はこれに反
対、怒った君蝶は千代の旦那を籠絡しようとする。本作の脚本は新藤兼人が溝口健二
監督の「祇園の姉妹」に対するオマージュとして書き上げたもの。君蝶を演じる京マ
チ子は艶やかさと芯の強さを見事に表現している。


雨月物語
監督:溝口健二
出演:京マチ子 森 雅之

 

1月23日【金】14:00

1月28日【水】14:00

1月31日【土】14:00

1953年/35ミリ/モノクロ/97分

大映

 戦国時代,陶工の源十郎は京に焼き物を売りに行く。若狭という美女から大量の注
文をもらった源十郎は品物を持って屋敷を訪れるが、思わぬ歓待を受ける。若狭の魅
力のとりこになった源十郎は屋敷を出ることができなくなる。巨匠・溝口健二監督の
代表作の一本であり、日本映画の様式美の極致ともいうべき幽玄な世界を作り出して
いる。ヴェネチア映画祭で銀獅子賞を獲得、溝口監督の名を世界に知らしめた、日本
映画を代表する名作。


赤穂浪士
監督:松田定次
出演:市川右太衛門 片岡千恵蔵

 

1月15日【水】14:00

1月25日【日】14:00

1956年/35ミリ/カラー

151分

東映

 元禄13年,江戸城松の廊下において浅野内匠頭は吉良上野介に斬りつ
け、切腹の処分となる。主君の無念を晴らすため大石内蔵助等の浅野家家
臣達は、密かに復讐を企たてる。東映の創立5周年記念として製作された
オールスターキャストによる時代劇。市川右太衛門と片岡千恵蔵の見事な
演技により、「赤穂浪士」映画の決定版となった。


黒い画集 
あるサラリーマンの証言
監督:堀川弘通
出演:小林桂樹 原知佐子

 

1月10日【土】11:00

1月16日【金】14:00

1月29日【木】14:00

1960年/35ミリ/モノクロ/95分

東宝

 石野は家庭がありながら,部下の梅谷と不倫をしていた。ある日梅谷のアパート
からの帰りに知人の杉山と出会うが、その後殺人事件で杉山が逮捕される。杉山は
アリバイとして石野と会ったことを証言するが、石野は否定するのだった。松本清
張の「黒い画集」の中の「証言」を映画化したもの。清張原作のものでは最も娯楽
性に富んだ作品で、平凡なサラリーマンが破滅へと追い込まれる過程が見事な秀作。


赤い殺意 
監督:今村昌平
出演:春川ますみ 西村 晃

 

1月9日【金】14:00

1月18日【日】14:00

1月30日【金】14:00

1964年/35ミリ/モノクロ/150分

日活

 東北の町。貞子は高橋家先代の妾の孫で、13歳の時高橋家に引き取られ、家族と
いうより使用人のように扱われていた。やがて高橋家の吏一と夫婦になり子供も生ま
れる。ある日吏一の出張中家に強盗が入り、貞子は犯される。自殺を考える貞子だが、
以後強盗は貞子につきまとい関係を求めるようになる。藤原審爾の同名小説の映画化。
旧家の因襲の中に閉じ込められていた貞子が事件をきっかけに強い女性へと変貌して
いく。傑作「にっぽん昆虫記」と同様に、女性のバイタリティを見事な映像美と共に
描き出した、今村監督の代表作の一本。



心中天網島 
監督:篠田正浩
出演:岩下志麻 中村吉右衛門

 

1月8日【木】14:00

1月12日【月・祝】11:00

1月30日【金】11:00

1969年/35ミリ/モノクロ/103分

ATG=表現社

 紙屋治兵衛は妻子のある身だが、遊女の小春と深い仲になる。小春を身請けしよう
とする治兵衛だが金の工面ができない。そこに恋敵の太兵衛が小春を身請けするとい
う話を聞く。近松門左衛門の浄瑠璃の映画化作品。詩人の富岡多恵子が現代語訳を行
い、作曲家の武満徹が参加するなど、映画では多くの実験的試みがなされている。篠
田正浩監督の代表作の1本。


博多っ子純情 
監督:曽根中生
出演:光石 研 松本ちえこ

 

1月10日【土】14:00

1月16日【金】11:00

1月25日【日】11:00

1978年/35ミリ/カラー/94分

エル・アイ・エル=英興

 郷六平は博多に住む中学2年生。女性に興味が出て、友人たちとはいつも女の
話。そのため幼馴染みの小柳類子との関係も変わって来ていた。ある日六平は万
引きをする中学生を見つけて咎めるが、逆に袋叩きにされてしまう。長谷川法世
の漫画を映画化した作品。当時の博多の街中で撮影されていることが見物。監督
の曽根中生は2014年8月、肺炎のため死去した。


ガメラ 
大怪獣空中決戦 
監督:金子修介
出演:伊原剛志 小野寺昭

 

1月7日【水】11:00

1月11日【日】11:00

1月17日【土】14:00

1995年/35ミリ/カラー/95分

大映=日本テレビ放送網=博報堂

 人間を食べる怪獣ギャオスが眠りからさめる。古代文明がギャオスに対抗するた
めに開発した怪獣ガメラもまた眠りからさめる。当初体長が小さかったギャオスは
急速に巨大化、東京でガメラとの死闘が始まる。ガメラ30周年を記念して製作さ
れた怪獣映画で、ギャオスもデザインを一新して登場する。金子監督の歯切れの良
い演出、斬新な特撮など娯楽性の高い怪獣映画の傑作。


ハッシュ! 
監督:橋口亮輔
出演:田辺誠一 片岡礼子

 

1月9日【金】11:00

1月12日【月・祝】14:00

1月21日【水】14:00

2001年/35ミリ/カラー/135分

シグロ

 直也はゲイで、勝裕と同棲していた。朝子は素直に人と付き合えない性格だった。
ある日勝裕と出会った朝子は彼がゲイであることを見抜く。そして朝子は勝裕に結
婚せずに子供を作ろうと提案する。心にキズを持ち、それでも絆と幸せを求めても
がく3人の若者を描いた秀作。三人の交流はどこかチグバグで、コミカルである。
楽しくさわやかな感動をもたらす作品。


幼獣マメシバ 
監督:亀井 亨
出演:佐藤二朗 安達祐実

 

1月7日【水】14:00

1月11日【日】14:00

1月15日【木】11:00

2009年/35ミリ/カラー/106分

「幼獣マメシバ」製作委員会

 芝二郎は35歳,独身のニートで町から出たことがなかった。ある日父親が他界
し、母親も失踪する。そんな二郎の元にマメシバの子犬がやってくる。母親が二郎
の元に犬を送り込んだのだ。テレビドラマとして放送されたものを劇場版として製
作した映画。ただし内容は再編集ではなく、独立したものとなっている。主演の佐
藤二朗が味のある演技を見せてくれる。



  ページの先頭へ