通常上映

アーカイヴ・コレクションPart11

アレクサンダー・クルーゲ監督特集

総合図書館が収蔵する貴重な作品を選んで上映。ドイツのアレクサンダー・クルーゲ監督の特集。

アレクサンダー・クルーゲ(1932-)
1958年にフリッツ・ラングと知り合い、助手を務める。1960年にP・シャモニと共同で製作した短編映画『石の獣性』でデビュー、同年のオーバーハウゼン国際短編映画祭で6つの賞を受けるなど好評を博す。1962年には「オーバーハウゼン宣言」に参加し、以降「若きドイツ映画」の中心的作家として活躍する。1966年に最初の長編『昨日からの別れ』がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞、翌年の長編『サーカス小屋の芸人たち処置なし』も同映画祭で金賞を受賞し、国際的な名声を得た。なお「オーバーハウゼン宣言」とは、ドイツにおける新時代の長編劇映画を模索するきっかけとなったもので、「パパの映画は死んだ」をモットーとしている。


会 期:平成30年3月1日(木)~3月4日(日)
観覧料:500円
(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
主催:東京ドイツ文化センター 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ実行委員会

※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)


昨日からの別れ

監督:アレクサンダー・クルーゲ
出演:アレクサンドラ・クルーゲ ギュンター・マック    




3月1日(木)11:00
3月3日(土)11:00


1966年/16ミリ/モノクロ/84分/ドイツ

東ドイツから単身で西側に渡った女性アニタ。ユダヤ人というだけで学校に通えなかった彼女は教養に飢えており、社会のルールに従うのではなく、より哲学的に生きたいと望んでいる。「寒いから」という理由だけで同僚のカーデガンを着服したアニタは、法廷に立たされるも判事のありきたりな質問にうんざりするばかり。そんな彼女の反社会的彷徨を描いた異色作。

サーカス小屋の芸人たち 処置なし

監督:アレクサンダー・クルーゲ
出演:ハンネローレ・ホーガー クルト・ユルゲンス     




3月1日(木)14:00
3月3日(土)17:00


1968年/16ミリ/モノクロ(一部カラー)/103分/ドイツ

命の危険と隣り合わせのサーカス芸人たち。その日々をスケッチ風に淡々と描きながら、資本主義社会に「流れ者」のユートピアはあり得るかを問う。座長だった父をサーカス中の事故で失った娘。彼女はサーカス小屋の経営革新を試みるが、資金集めは難航し、団員たちとも対立を深めていくのだった。様々な引用文献や映像をコラージュした実験的作品。

定めなき女の日々

監督:アレクサンダー・クルーゲ
出演:アレクサンドラ・クルーゲ シルヴィア・カルトマン    




3月2日(金)17:00
3月4日(日)11:00


1973年/16ミリ/モノクロ/87分/ドイツ 

女性医のロスヴィータには三人の子供と、無職の夫フランツがいた。フランツは妻に養ってもらっているにも関わらず、彼女の職業を不服としている。なぜならロスヴィータの主な仕事は「堕胎」だったから。様々な葛藤を経て、彼女は堕胎医を辞め、政治活動の道に入るのだった。男性社会に対する女性の抵抗を描いたセンセーショナルな作品。

愛国女性

監督:アレクサンダー・クルーゲ
出演:ハンネローレ・ホーガー ディータ・マインカ     




3月2日(金)14:00
3月4日(日)14:00


1979年/16ミリ/モノクロ/123分/ドイツ


歴史教師のガービ・タイヒェルト女史は、第二次大戦後にドイツ人を支配している深刻な「歴史喪失」に直面する。愛国心を取り戻すには、歴史教材が致命的に欠けているのではないか。そう考えた彼女はシャベルを手に、盗掘者として町の地下に眠る歴史を掘りだそうとする。戦争映画や絵画、コミック等の挿入が引き起こす映像の混乱に、「歴史」が浮かびあがる。

感情の力 

監督:アレクサンダー・クルーゲ
出演:ダハンネローレ・ホーガー アレクサンドラ・クルーゲ    




3月2日(金)11:00
3月3日(土)14:00


1983年/16ミリ/カラー/115分/ドイツ

オーケストラの演奏をバックに、フランクフルトの街並が現われる。空港に着陸しようとしている飛行機、立ち並ぶ高層住宅、戦車を先頭に進む歩兵たち、幼児の姿…。フランクフルトのオペラ劇場との共同作業によって製作されたこの作品は、26の映像断片から構成されている。物語ではなく、「感情の力」そのものを表現すべく作られたイメージのアンソロジー。


上映スケジュール

ページの先頭へ